タグ:足抜 ( 1 ) タグの人気記事

吉原裏同心 流離 佐伯泰英 光文社文庫

蔵書中、未読の時代小説が千冊近くある。これらは小さな書庫の本棚ではなく、文庫本を保存するプラスチックケースに入れて積み置きされているか、自筆の本棚に無造作に並べてある。書庫の本棚には、読んだ物だけを保管している。
未読の文庫本がそんなにあるのに、古本屋で未購入の歴史時代小説があると衝動買いをしてしまう癖が身についてしまったようである。
昨日、いつも散歩する公園を散策していると、フリーマーケットが開催されていた。ブルーシートの上に時代小説ばかりが、数十冊並べてあった。所持していないと思われる20冊程度を選び購入した。
その中に、この吉原裏同心シリーズが数冊あったのである。残念ながら全冊そろってはいないのではあるが、欠番を捜し求めるのも楽しみの一つとして、読み始めた。1巻「流離」は、豊後岡藩の馬廻り役神守幹次郎が、納戸頭の妻汀女と駆落ちしてから、幼馴染の二人が、追ってを避け、当てのない流浪の旅を続ける。やがて江戸に出て幹次郎は、腕をみこまれて吉原遊郭の用心棒になる。そこまでがこのシリーズの導入部分である。以降、吉原の会所の人々と吉原を舞台に幹次郎の剣による活躍が想像される。
前回、佐伯氏の作品「交代寄合伊那衆異聞」を楽しんで読み終えた余韻が残っており、そのこともこの作品を読み始める動機ともなっている。
「吉原」を舞台にした作品はたくさんあるが、どのようなストーリーが展開するのか楽しみである。

2巻「足抜」を今日連休の途中から読み始める。朝の散歩の途中、公園のベンチを渡り歩きながら
大半を午前中に読み終え、夕方風呂に湯を張る間と浴槽に使っている間に読み終える。
登場人物のキャラクターが面白いのと奇想天外な物語の発展に先を読みたくなる衝動で、ついつい作者の思惑に曳き釣り込まれてしまうのである。
遊郭の女郎の足抜けを題材にした個人的闘争なり苦労を描いた作品は、いくつか呼んだ記憶はあるが、この作品のように、組織的大規模な足抜きを企てた作品は、初めてである。(2009.9.22)

3巻「見番」
将軍家治の逝去で老中・田沼意次が失脚、吉原も営業停止となった。そんな中、二人の女が殺されたことから、吉原をめぐる大陰謀が発覚し、吉原会所側と陰謀者側との主導権を争う大闘争が展開する。(2009.9.23読)
5巻「初花」今までのところ2巻と3巻との時間差はあっても直接ストーリーのつながりがないので
4巻を飛ばして手もちの5巻を読み進めることにする。初花とは、前に出てきた花魁の一人ではないだろうか?
9月28日読破。初花についての推量は、間違いであった。当シリーズの物語の時間的推移は、5巻を通じて
わずか吉原の仕事を得てから1年ほどである。季節は春、初桜(初花)の時期の事件である。
明日から、第6巻「遣手」に入る。
[PR]
by binjichan | 2009-09-21 21:00 | 今読んでいる本