<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「吉原裏同心」シリーズ 第9仮宅 佐伯泰英 光文社文庫

仮宅  沽券  異館12巻以降まだ続きそうであるので、読んでいる本の範疇に入れておく
仮宅
天明7年11月の吉原の大火で、遊郭の建物ははことごとく炎上、500日間の遊郭外仮の家屋での営業が許された。この仮の建物を仮宅という。その仮宅での商いを余儀なくされた師走に、遊女・花蕾が行方をたった。その後も他の妓楼からも遊女が姿を消しているとき、花蕾の死体が築地川に浮かぶ。この必死の探索と犯人との戦いがあらすじといえる。

そのように書いてしまえば、味も素っ気もないのであるが、作者の技量に引き込まれて、途中でやめられず、つい先を急いで読みふけってしまうのである。
この麻薬性は、どこに起因するのであろうか?
自分なりに思うところをあげて見ると、一つには、理屈ぽくなくて、会話部分で、小説が進行しており、活字で映像を見ているに近い状況になっているからではないだろうか。さらに、その会話の部分も、臨場感のあるしゃれたやり取りで綴られ登場人物の人柄を適切に表現されているから、くすっと笑いたくなるところ、目頭が湿っぽくなるところなど、憎らしいほど旨いのである。名人の落語表現に似ているとどなたかが言っておられたが、そのとおりだと思う。
第二に、このシリーズに限らず、主人公の行動力、その範囲が分かりやすいのである。小生の自宅近くに江戸たてもの園があり、その入り口の建物に図書室がある。そこにあらゆる時代の地図が見れるので、時代小説の我が読書室みたいになっているのであるが、現代地図と江戸切絵図とをかさねて、映像を想像しながら読む楽しさがある。それだけ動く筋道に具体性があるのである。
第三に、史実に忠実であるうえに虚構をかぶせて、スケールの大きな読物にしながら、現代の社会の現実とダブらせて江戸時代を描いているからであろう。(09・10・27読)
シリーズ10弾「沽券」
沽券にかかわる、その語義とのかかわりは?あるのだろうか。(09/10/28読)
沽券とは、現代でいう土地の権利書のようなもの。
天明8年正月早々、吉原の引き手茶屋でこの沽券状を買い占める動きが頻発しだした。権利を売り渡して姿を消した茶屋の主人夫婦が、刺殺体で、川に浮かんだ。残る娘二人の行方を追う幹次郎は、巨漢の武芸者を
引きつれ沽券状を買い占める黒幕の年寄りにたどり着く。吉原のっとりを企てる陰謀の裏に、返り咲きを狙う田沼派残党の影が漂う。これを追い詰める一方、茶屋の夫婦が隠居しようとしていた相模の岩村まで出かけ、偶然にも上方に逃げた敵の2艘の船と遭遇する。
作者の出身は北九州だが、この「沽券」の後半、船に関する描写をよんでいると、今は無き福岡の時代小説作家「白石一郎氏」を思い出した。
異館
ついにこのシリーズ最後の巻を(09・10・30に読了)
まだ吉原の再興はならず仮宅中である。物語は、前作沽券の事件決着後、相模から江戸に戻った神守幹次郎が、夢幻一流を使う海坂玄斎なる剣客に狙われるところから始まる。西陣から桐生に拠点を構え直した古一喜三次という商人が斬新な絹物「山城金紗縮緬」を吉原の薄墨太夫に使ってもらい江戸への大流行を画策していた。京都の大火と絡み、会所ではこの申し出は歓迎すべきものであったが、太夫はこれを断る。
その経過から胡散臭いものを会所は感じ取り調べ始める。
一方では、吉原の武家客を狙った辻斬りが横行し、犯人は、異型の剣を使う女剣士が犯人で、これらの事件が一つに収斂したとき江戸の地に驚愕の「異館」が出現する。

いつものことながら、この巻でも痛快なヒーローの剣裁き、夫婦の情愛、入り組んだ陰謀、人の情けが繰りひろげられ、惜しみなくエピソードがちらべられる。次巻の発刊が待ち遠しい限りである。

このたび薄墨太夫の贔屓でぶげんしゃの魚河岸の隠居と義兄弟の杯を交わしているので、次回この人物がエピソードの中心になって登場するのではないだろうか。と勝手な想像をめぐらしている。
[PR]
by binjichan | 2009-10-27 17:33 | 今読んでいる本

「密名」シリーズ 佐伯泰英  祥伝社文庫

この作家の人気シリーズである。さきに「居眠り磐音江戸双紙」シリーズを読んでいるのだが、途中でNHK番組が先行することになり、中座している。どこまで読んだのかは、このブログを遡らなければ分からなくなっている。続いて、「交代寄合伊那衆異聞」シリーズを10巻まで読んでいるが、その続きが発刊されているかどうかは、確認していない。さらに「吉原裏同心」シリーズも7巻まで読んでいるが、8巻以降はこれからである。
何れのシリーズも痛快活劇で大人のエンターテイメントとして面白いので、「密名シリーズ」に突入することにした。
第一巻見参!寒月霞斬り
豊後相良藩は、小藩なれど6万冊の蔵書を誇る。その中から禁制のキリシタン本が奪われ、お家騒動と発展していく。若き藩主から密名を帯びた直心影流の達人金杉惣三郎は、脱藩し江戸に潜入して、禁制本の探究に当たるが、藩主の座を狙う分家の叔父の陰謀であることに発展する。
豪商札差の娘お杏、小料理屋の女将しのを登場させ、江戸市井を闊達に描かれている。(09・10・20読)
蜜命第二弾ーー弦月三十二人斬り
いきなり前作から7年を経過、この作者にして珍しい月日が飛ぶ。これには仰天。しかも惣三郎は、相良藩江戸留守居役に出世している。でも主人公自身はそれほど変ったわけではなく、同藩下屋敷を襲った謎の一団との戦いを発端として、敵の正体を探索するため、またもや脱藩し、以前住んだ江戸市井に身を投じることになる。事件の真相を追ううちに八大将軍吉宗の出生の秘密を巡る奇襲と尾張の争いだということに行き着く。
徐々にこのシリーズもスケールアップしていく。(09・10・23)
三弾ーー残月無想斬り
尾張との将軍職を巡る暗闘も一段落し、江戸も平静を取り戻すが、惣三郎のもとには、相良藩からの帰参の話が届かない。長屋暮らしをしている彼の周囲では14歳になる息子の心中騒ぎや懇意にしている札差に不穏な空気が立ち込めてくる。
将軍になったばかりの吉宗の近辺でも血なまぐさい怪事件が起こり将軍に縁のある人たちが殺されていく。
それは、日・血・刀の一文字を記した御幣にしきぶの一枝を死人の口にくわえさせるといった異様な殺し方であった。この惨殺犯人を探策し将軍の身を守って、この妖怪老人と死闘を繰り広げる。(09・10・25読)

この後、「吉原裏同心」シリーズの8巻以降11巻まで揃え終わったので、しばしこのシリーズに移る。
[PR]
by binjichan | 2009-10-20 16:52 | 今読んでいる本

江戸の通貨

小説に出てくる一両は、現代の価値に比較すると何円ぐらいに相当するのであろうか。
これが意外と曖昧模糊としているのである。
あなたはどのように換算されるのが正しいと思いますか。

①米の値段から
②通貨素材の価値から
③給金(俸給)の額から
④その他物価から
⑤それ以外
答えられないので⑤が近い答えです。
一口に1文が何円、1両が何円とは答えられません。 それには次のような理由があります。
  (1)江戸時代は、金貨、銀貨、銭貨の3種類の貨幣が共存していて、それらが別々の相場でした。
     まるで一つの国の中に、三つの通貨があるようなものだったのです。
  (2)江戸時代は300年近くあります。貨幣の品質が260年間でだんだん低下していきました。
     品質が下がると、当然物価は上昇します。
  (3)現在より、保存と輸送に費用がかかる時代でした。飢饉になれば物価は高騰します。場所や季節によ     る価格差も今以上に顕著でした。
  (4)現在と、物価やサービスの価値感、ものさしがが大きく異なります。一般に食べ物は今より高く、賃金      や土地は今より安かったようです。


江戸時代の通貨は、金、銀、銭の三種類(三貨)。

金一両の幕府が定めた公定相場 (元禄十三年;1700)
金 一 両 = 銀 60 匁(もんめ) = 銭 4千文:四貫文
 ※その時々で相場は変動した。
(参考)
重量単位(尺貫法)
一貫:3.75kg
一匁:3.75g
一貫=千匁 =千文



通貨一覧

金   貨 大判金(おおばんきん)≫
山吹色:大判・小判の別称
金一切=一分金

一両小判
二分金 (2分の一両)
一分金 (4分の一両)
二朱金(8分の一両) (2分の一分)
一朱金 (16分の一両) (4分の一分)

銀   貨
丁銀        丁銀・豆板銀のみ秤量貨幣(重さで通用、丁銀は42匁前後、調整は豆板銀で行う。
豆板銀
五匁銀 (12枚で1両 )
一分銀 (4枚で1両)天保一分銀(額銀:形が額面に似ているところから天保一分銀の俗称。

二朱銀 (8枚で一両)南鐐 (なんりょう)南陵:明和九年(1772)
一朱銀 (16枚で1両 )

銭   貨
一文銭(寛永通宝 )
四文銭(文久永宝)(寛永通宝(裏に波型のあるもの) )
十文銭(宝永通宝)
百文銭 (天保通宝(天保銭) )


鳥目(ちょうもく):中に穴があって鳥の目に似ていることから銭の異称。

一疋(匹)(いっぴき)=十文
一貫文=千文
四貫文=一両

天保銭:裏面には「当百」の文字を記す。実際には80文で通用。

寛永通宝の四文銭は通称「波銭」
[PR]
by binjichan | 2009-10-08 20:27 | 小説の周辺

昔の単位

当然のことながら、時代歴史小説には、昔の単位が使用される。
ところが、その単位では、即座に実感できないものが多い。そこで、日本の単位を羅列しておく。

日本の単位

長さ
毛(もう) 1毛=0.0303mm 日本の尺貫法は1958年になくなりましたが、現在でも木工・建築のなかで使われています。
特に伝統産業といわれるものはメートル法を使わず尺貫法を使います、例えば、鏡餅を乗せる三宝の大きさですが、店頭では○号と明記しているものが多いのですが号を寸に直すとそのサイズが解ります、5号なら5寸で約15cmになります。
建築でもメートルは使わず寸や間を使います、日本建築の家では柱2本分の間隔の長さが約1間ですので柱の数を数える家の大きさが分かります。

厘(りん) 1里=0.303mm
分(ぶ) 1分=3.03mm
寸(すん) 1寸=3.03cm
尺(しゃく) 1尺=10寸=30.3cm
丈(じょう) 1丈=10尺=3.03m
間(けん) 1間=6尺=1.818m
町(ちょう) 1町=60間=109.09m
里(り) 1里=36町=3927m
 
容積
弗(ふつ) 10弗=1才 容積はお米などでよく使うのでなじみがありますね、でも一般的には升ぐらいですが、小説では石もよく出てきます。

才(さい) 10才=1勺
勺(しゃく) 10勺=1合
合(ごう) 10合=1升
升(しょう) 1升=1.080391リットル
斗(と) 10升=1斗
石(こく) 10斗=1石
 
面積
歩(ぶ) 1歩=3.3058㎡=1坪 面積はたんぼの大きさを表すのによく使われまが、正式な文章にはha(ヘクタール)を使います
1haは約1町と憶えておけばだいたいの大きさが分かりますね、

畝(せ) 36歩=1畝
反(たん) 10畝=1反
町(ちょう) 10反=1町

時刻・時間
江戸時代の時間の単位は『刻』です。

『子の刻』とか、『九つ時』と呼びます。

『刻』は、不定時法と呼ばれる時刻で、
日の出(正確に言うと、日の出前の薄明かりの始まった時)から、
日没(薄明かりの終わった時)を「昼」、
日没から日の出までを「夜」として、
それぞれを6等分しそれを「1刻」と呼びます。

季節によって、(厳密に言うと日によって)一刻の長さが変わります。
ですので「不定時法」と呼びます。
日没が「酉の刻(暮れ六つ)」で、
日の出が「卯の刻(明け六つ)」です。
1刻は約1.5~2.5時間になります。

午前0時は、不定時法では季節に関係なく「子の刻」です。
子の刻の前の時刻に当たる「亥の刻」は、
午後9時30分~午後10時30分くらいから始まります。
(日没から子の刻までを3等分、
子の刻から日の出まで3等分しして、夜を6等分します。)

同じように「九つ時」は季節に関係なく、午前0時を指します。
「九つ時」以前は、亥の刻「四つ時」、戌の刻「三つ時」、酉の刻「二つ時」
九つ時を過ぎると、丑の刻「八つ時」、寅の刻「七つ時」、卯の時「六つ時」
です。

(※分かりにくいですね。上記でいう午前0時は、
夜と呼ばれる時間の真ん中という意味です。
今の時間に直したほうが分かりやすいかなと思いましたが
逆に難しくしたかもしれません。
要するに1刻は不定ですと言いたかったんですが・・。)

ちなみに、九つの後、時間と共に八つ、七つと減るのは、
九が易の陽数で、その後、九の倍数(18.27.36.45.54)
の十の位を省略して太鼓を打ったことによります。


〇飛鳥時代の時刻は、
日本書紀によると、斉明天皇6年(660)に天智天皇が皇太子の時に
初めて漏刻を作り、時をしらしめたとあります。
これが、日本の最初の時刻制度であると思われます。
また、天智天皇10年(671)には漏刻(水時計)を置き、
これにあわせて鐘や太鼓を鳴らしたと伝えられます。
これが、現在の時の記念日(6月10日)の由来です。
この当時の時刻制度は1日を12分割し、十二支で表していたようです。

〇奈良時代の時刻は、
718年の大宝令によると奈良時代には漏刻を管理し、
時に応じて鐘や太鼓を打った漏刻博士がおり、
制度的には整っていたようです。
しかし、漏刻は太宰府にありましたが、数は多くないと思われます。
この当時も1日を12分割し、十二支で表していたようです。

〇平安時代の時刻は、
平安時代中期、927年に制定された「延喜式」によると、
暦や占い・時刻を司どる役所として陰陽寮を規定していました。
それによると、宮城の門は朝開き、夜閉じていましたが、
その時刻に太鼓を打つのが陰陽寮の役目でした。
その規定では、時刻制度は定時法だtっといわれます。
また、日の入り,日の出の時刻も同時に掲載されていますが、
当時は太陰太陽暦を採用しているために、月日で表すことができず、
二十四節気で表しています。
時刻は1日を12分割し、十二支をあて、それを4分割したものが刻。
刻を10分割したものが分でした。
そして、基準値としては太陽の南中時刻を午の3刻としていたようです。

当時は十二支の時刻を太鼓で、その下の配分である刻を鐘で知らせていました。
子と午の時刻は太鼓を9つ、丑と未は8つ、寅と申は7つ、
卯と酉は6つ、辰と戌は5つ、巳と亥は4つ太鼓を打ち、
その下の刻を鐘でうったとされます。
この時刻の太鼓の数が江戸時代の時刻の呼び名の基となったとされます。

〇室町時代の時刻は、
恐らく宮中においては、延喜式に従ったものであると思われています。
一方、寺院では不定時法で時の鐘をうっていたと思われます。
[PR]
by binjichan | 2009-10-08 10:00 | 小説の周辺

蒼龍 山本一力  文春文庫 2005年4月10日第一刷

「のぼりうなぎ」「節分かれ」「菜の花かんざし」「長い串」「蒼龍」の5作品が収録されている。
最後の「蒼龍」は第77回オール読物新人賞受賞作品である。作者は「節分かれ」と「長い串」に特別の感慨をおもちのようである。この作者のものを読んだ前作は「あかね空」という直木賞作品であった。京都から江戸に出てきて豆腐屋をいとなみ成功する商人の話であった。
これらの作品は、それ以前に書かれたもののようである。新人賞の「蒼龍」は事業に失敗して莫大な借金を負ったその返済の手段として書き始めた作品だそうである。
台風18号の上陸が予想されている前日、10月7日に読み始める。本来なら、甲斐駒のほうでゴルフコンペに出席する予定であったのだが、偶然にも痛風と台風とが同時に襲来して、断ろうと思った矢先に中止の連絡があり、この書を読むことにした。

10月8日読み終える。
「菜の花かんざし」「長い串」は、作者としてはめずらしい武士社会の小説である。不条理の社会ゆえの権力社会(階級社会)を描いている。個人としては「蒼龍」より感銘を受ける作品だと思う。
[PR]
by binjichan | 2009-10-07 16:14 | 今読んでいる本

吉原裏同心 遣手(第6巻) 佐伯泰英 光文社文庫

前回の続き、吉原裏同心シリズ6巻遣手
遣手の「おしま」が楼の二階の自分の部屋で首をくくった。自殺と見せかけた殺しであった。会所が探索すると亭主と息子がいることが判明、「おしま」が大金をためていたことが分かるが、部屋からは見つかっていない。
長逗留していた客が息子で、二階にいたものが殺したはずであるという推理から、犯人は、息子に絞られた。
おしまは息子に殺されると予感していたのか、遺言を仲間の女郎に託していた。その内容を履行するためおしまの故郷・信濃の姨捨村に会所の7代目の頭とおしまの楼閣の主人と若者2人に幹次郎の五人が遺髪を携え弔いに行くことになる。

この人気作家は20日で1冊の割合で文庫書き下ろし小説を書きまくっている。そのすべてが10万冊を越える人気であるというから驚きである。この作家に付き合っていると、読み終えるまでつきあわされるので、睡眠不足になる人が多いと聞く。オリンピックのテレビ中継のように観なかったら一人取り残されたような、面白さがある。

吉原裏同心シリ-ズ7巻枕絵
前半部分の書き出しがこの題名「枕絵」とつけられた内容である。吉原名物の玉菊灯籠の仕掛け職人が殺される。この犯人追跡が前段部分で、枕絵に描かれた女性たちへの探索があらぬ方向に展開する。
この事件が落着した後、主人公幹次郎は、才女とともに仲間たちと白川へ旅たつ。田沼意次失脚後、老中首座となった松平定信の領地である。そこには、吉原が定信に送ったお香様がおり、その江戸への警護が密かに吉原会所に託されたのである。

第八巻「炎上」が手元にない、暫く8巻を入手するまで他の作品を読むことにする。(09・10・3)

09・10・16BOOK OFFに立ち寄る。吉原裏同心シリ-ズ第4巻「清掻」(すががき)が100円の棚で見つかる。既にこの巻を飛ばして7巻まで読み進めていたので、購入しすぐ読み始める。
歌舞音曲に弱い小生としては、この題名の意味すら皆目分からない。勿論、かながふってなければ、まともに読むことさえできない。
「江戸吉原で遊女が張見世に出るとき、その合図に弾いた三味線の曲名」が見世清掻といい、清は素謡の素を意味し、掻くは琵琶を掻き鳴らす、ことであったが、後に唄を唄わず、弦楽器だけで奏でることをいうようになったそうである。この小説では、見世清掻の意味である。
第八巻「炎上」
「密命」シリーズ3巻目の後、こちらの8巻から11巻が手に入り、「炎上」8巻を読む。
天明7年の吉原大火をクライマックスに、失脚したとはいえ隠然たる力を持つ田沼意次が、幕閣に返り咲くために送り込む凄腕の刺客と幹次郎は戦う。
「炎上」も殺人のテクニックを教え込んだ猿を操る傀儡子一味と刀を仕込んだ網代笠をブーメランのように使う
一統が登場、これらの敵をどう倒すかが楽しみの一つなっている。天明7年頃の史実と虚構を巧みに操る作者の名人芸を堪能する一方、二極分化した勝ち組負け組みとの構図を現代に重ねて現代に共感させる物語を作る技には感心するばかりである。
[PR]
by binjichan | 2009-10-02 14:52 | 今読んでいる本