カテゴリ:今読んでいる本( 25 )

「聖徳太子」日の影の王子 黒岩重吾著 全4巻 文春文庫

著者は大正13年生まれ、昭和35年に「休日の断崖」で文壇に登場、「背徳のメス」で第44回直木賞を受賞。代表的著書に「華やかな亀裂」「落日の王子」「聖徳太子」などがある。
55年「天の川の太陽」で第14回吉川英治文学賞を受賞。

聖徳太子(うまどの皇子)は、父、橘豊日大王(用明)の死後まもない14歳のとき(587年7月)大臣蘇我馬子に請われ、物部守屋討伐戦に従軍した。その戦の間に天性の彩室を現した皇子は、3年後、馬子の娘(刀自古郎女)と結婚した。馬子は蘇我氏の血を大王家に入れることにより、蘇我王朝を成立させようと夢見ていたのだが・・・どうなるか。(1990年4月1日 第1刷)

読んでいるうちに、同じ内容の記述が繰り返されるので、ひょっとすると新聞に連載された小説ではないかときずいた。案の定、巻末に「初出日本経済新聞夕刊’85年9月4日~’86年12月27日」とある。日経新聞の購読者でありながらこのことに記憶がないということは、当時、私が新聞の連載小説に何の興味も持ち合わせていなかったことを教えてくれた。
この作家のイメージは、社会派推理小説の書き手だったと言うことぐらいで、昭和50年代に入ってから古代史を舞台にした小説で活躍したことを今頃になって知った。作者が若いときから古代史の舞台となった土地で暮らしたことが書き始めた動機らしいが、日本人の祖先を知りたいという欲求が基礎になっていることも確かなのであろう。現に私が中学の日本史で覚えたことをさらにしりたいと思い、この小説を読み始めた動機も、そのことであるからである。
[PR]
by binjichan | 2007-04-17 16:33 | 今読んでいる本

生きる 乙川優三郎著

2002年の直木賞受賞作である。
亡き藩主への忠誠を示す「追腹」を家老から密かに禁じられ、いき続けざるを得なくなった初老の武士が周囲の冷たい視線や嫁いだ娘からの義絶に耐えながら生きていくとき、息子の決意の行動・・・惑乱と苦悩の果て、失意のそこから這い上がる人間の強さを格調高く描いて感動を呼んだ作。(縄田一男氏解説)

著者は1953年東京生まれ。96年「霧の橋」で時代小説大賞、2001年「五年の梅」で山本周五郎賞、翌年第127回直木賞を受賞。

主人公の又右衛門は生きれば生きるほど恥辱にまみれ、醜態をさらす日々が続くのだが、さて、いかように生き抜くのであろうか・・・・・

ほかに「安穏河原」「早梅記」が同書に収録されている。(文春文庫)

[PR]
by binjichan | 2007-03-31 17:56 | 今読んでいる本

御宿かわせみ27 横浜慕情 平岩弓枝

歴史時代小説100選(縄田一男著)の中で未だに続いているのが、この「御宿かわせみシリーズである。昨年NHKTVで放映されていたので、ファンも多いことと思う。26巻までは読んでいるはずなのだが意外とストーリーは覚えていないものである。この横浜慕情を読み始めたら少しは甦ってくるだろう。

著者は昭和34年に第41回直木賞を受賞以来、平成3年に「花影の花」で吉川英治文学賞受賞。テレビドラマ、芝居の脚本も多い。
「御宿かわせみ」シリーズ
「御宿かわせみ」
「江戸の子守唄」2
「水郷から来た女」3
山茶花は見た」4
「幽霊殺し」5
「狐の嫁入り」6
「酸は殺しの口笛」7
「白萩屋敷の月」8
「一両二分の女」9
「閻魔まいり」10
「二十六夜侍の殺人」11
「夜鴉おきん」12
「鬼の面」13
「神かくし」14
「恋文心中」15
「八丁堀の湯屋」16
「雨月」17
「秘曲」18
「かくれんぼ」19
「お吉の茶碗」20
「犬張子の謎」21
「清姫おりょう」22
「源太郎の初恋」23
「春の高瀬舟」24
「宝船まつり」25
「長助の女房」26
「横浜慕情」27
以上27シリーズであるが、いまや最近のものをどこまで読んだかすらわからない。多分4・5冊読んでいないものがあろう。
「佐助の牡丹」28
「初春弁財船」29
「鬼女の花摘み」30
「江戸の精霊流し」31  「御宿かわせみ」読本

手元に「江戸の精霊流し」31  がすぐ出せるところに見えたので続けて読むことにする。
「音宿かわせみ」シリーズは、「オール読み物」短編として連載されているものを数か月分をまとめて文庫本にして発刊されている。今後どこまで続くかが興味の的にもなりつつある。

[PR]
by binjichan | 2007-03-03 22:15 | 今読んでいる本

風雲将棋谷 角田喜久雄 春陽文庫

歴史時代小説100選に選定されているこの作品は、私が長い間古本屋をさがしていたもので、最近まで手にすることが出来なかった。このブログをはじめるにあたってインターネット上の古本屋から、先日、届いたものである。「会津士魂」を読むつもりであったが、冊数も多いし、「戊辰落日」の余韻が強すぎて、暫し軽い読み物にて気分展開をしてからとその思いを変更する。

坂東妻三郎、市川歌右衛門、勝新太郎が流れ星の雨太郎の役で、戦前戦後に三度映画化されており、角田喜久雄の伝奇時代小説の不滅の傑作といわれている。

 さみだれ縄の秘術(紫雲流縄術)を駆使するのは、神田連雀町の捕物名人と謳われた御用聞き仏の仁吉の一人娘、牡丹の花が咲いたようにあでやかな娘盛りは十九のお絹。
そのお絹を助けるのは、右の二腕に並んだ五つのほくろから、人呼んで流れ星の雨太郎いう歌舞伎の若衆かと見紛う快人物。
江戸人士からは渇仰の英雄視される神出鬼没没の怪盗!
 ときに、江戸の街は毒虫さそりをつかう黄虫、またの名をさそり道人という妖しの怪人の暗躍に慄え上がっていた。!そして、伝説将棋谷にまつわる暗雲と渦巻く謎の行方は?
というのが、表紙カバー裏の誘い文である。

誠に痛快、テンポが速くあっという間に読み終える。セリフも多く、シナリオ化するのに最適、再び最近の感覚で映像化されるのが楽しみである。そのときはお絹役の人選が鍵となろう。
[PR]
by binjichan | 2007-02-26 17:07 | 今読んでいる本

「戊辰落日」綱淵謙錠著

ぶらりと古本屋に立ち寄るのも良い息抜きになる。「斬」で1972年に第67回直木賞を受賞したこの作家は、一文字漢字の作品が多いので印象に残っていた。

そのつもりで本棚をさがしていたらこの「戊辰落日」があるではないか。四文字漢字の題名である。目次を見るとすべて二文字の漢字である。作者のこだわりが感じられる。

「恭順」「斬奸」「盟約」「虚実」「光芒」「絶唱」「セイ風」「落日」セイは目ヘンに星?なのだがパソコンで探せない。
「秋霜」「炎上」「孤影」殉難」「去来」「逃亡」「落城」「飛雪」と続く。

小説を買うときに普通しないが、中をパラパラとめくってみると、漢字かな混じりの資料からの引用が多く目立つ。この作者の特徴かもしれない。

小説は、明治と改元する直前の、会津藩主松平容保が江戸藩邸から会津へ帰国するところから始まる。会津藩は熱烈な勤皇藩であったにもかかわらず、戊辰戦争で、「朝敵」の烙印を押され、新政府軍との戦いで会津落城までの会津人の傷痕と怨恨の歴史を探るものである。
作者は「あとがき」で「戊辰戦争」の歴史を書くつもりはなかったといっているが、膨大な資料に基付き史実にそくして描かれているので、歴史伝達の体裁を整えた小説といえる。日記や雑記
など引用されている部分が多いので、なおさらに戦いの様相に真実味を加えるように思う。

風呂場で湯船につかりながら読むことも度々だったので、読み終わったときには、湯気を吸い文庫本の厚みが増していた。

国内外とわず戦争とは、形容しがたい悲痛なものであることを資料が物語っている。
敗戦後、会津を喪失し、本州の北端下北半島に移された藩士のその後が気になるところである。
まだ読み終わっていないのに、次に読む本が決まったようなものである。それは???

[PR]
by binjichan | 2007-02-07 18:06 | 今読んでいる本