徳川400年の内緒話  徳川宗英   文春文庫

田安徳川家第十一代当主が徳川家に伝わる内緒話をつづったエッセイ集である。歴代将軍にまつわる部分では、今まで小説では、お目にかかれなかった逸話もいくつか語られている。
公になっていなかった部分について興味をそそられ多面もあるが、それは、前半だけ。読み続けるにつれ、退屈しはじめた。江戸時代の歴史小説を読むための、内面から見た将軍像に新たなイメージをもって参考になるといった類のものとは、切り離して読まざるを得ないものであった。
[PR]
by binjichan | 2008-06-20 21:12 | 小説の周辺
<< 人情時代小説傑作選 「感涙」 ... 敦煌  井上靖  新潮文庫 >>