三屋清左衛門残日録 藤沢周平 文春文庫

「別冊文芸春秋」172~186号に連載されたのが、平成元年9月に単行本となった。その文庫本(1994年1月第7刷)を読んだ。
NHKの深夜放送で松平アナウサーが朗読していたので、いつか読んでみようと思っていた小説である。
一遍ごとに完結した短編になっているが、全編を通じて藩主ご用人が隠居してからの日常生活が描かれているのであるが、藩内の派閥争いが底流にある藩内国許での生活であるので、自ずとその流れの中での交流関係が主体と成っている。
定年と当時の隠居生活と同一視するには、多少無理があるが、職を離れての生活という意味では、高齢者の生きる道を示唆しているところがある。
それにしても、この作者の自然描写の旨さには、なんともいえない自然を直視する繊細さを感心させられ、場面に臨場感を漂わせる文章表現に、いつも感嘆させられる。
[PR]
by binjichan | 2008-02-29 20:14 | 読んだ本の寸評
<< 大岡越前 縄田一男編 廣済堂文庫 風の武士 上下 司馬遼太郎 講... >>