色懺悔 鼠小僧盗み草紙 多岐川 恭  徳間文庫

鼠小僧こと源次郎はこの小説では、もてる男だ。小柄で見栄えがしないのに、次から次といい女を女房にして暮らしていく。それぞれの女に良いところを見出して、相手が喜ぶことで、自分も満足し、相手を思いやる配慮がある。相手の幸福を考えて分かれる手はずをする。浮気性であるが、この配慮が盗賊にあるまじき魅力となっている。史実に基づく鼠小僧とはイメージをことにする鼠小僧が登場する。
[PR]
by binjichan | 2008-01-09 21:52 | 読んだ本の寸評
<< 戦国武将 リーダーたちの戦略と... 風雲 交代寄合伊那衆異聞 佐伯... >>