初春弁才舟 御宿かわせみ29 平岩弓枝 文春文庫

NHKテレビでも放映されたおなじみのシリーズである。
宮戸川の夕景・初春弁才舟・辰巳屋おしゅん・丑の刻まいり・桃の花咲く寺・メキシコ銀貨・猫一匹の短・中篇が7作品収録されている。
読み終わってから、すでに半月ほどたってから、このブログをかいているのであるが、初春弁才舟と・メキシコ銀貨を除いては、作品名をみても、その話の内容を思い浮かべることが、できない。シリーズ物の印象はこんなものかもしれない。
初春弁才舟は、大阪から江戸へ正月に間に合うように一番酒を輸送する弁才船の船長とその息子の話。シリーズの主人公である軍艦所に勤める東吾から船長の息子が熱心に洋船の航海術を学び、荒れた海を乗り切り、江戸に一番酒を輸送する感動的な作品に仕上がっている。
最後の部分に
「長き世のとおのねぶりのみなめざめ、なみのり船の音のよきかな」と前から読んでも後ろから読んでも同じ歌で正月のめでたさと船を絡めた描写がこの作品の印象を強いものにしている。

メキシコ銀貨の方は、外国通貨に詳しい風変わりな専門家がシリーズに登場するこどもたちに
この銀貨と日本の貨幣との交換比率の不平等を詳しく教え、この交換により法外な利ざやを稼ぐ悪の存在を東吾に悟らせ、事件を解決する作品である。幕末の通貨事情がわかって面白かった作品だった。
[PR]
by binjichan | 2007-09-21 16:37 | 読んだ本の寸評
<< 暗闇草紙 多岐川 恭 新潮文庫 獄医 立花登手控え4 「人間の... >>