霧の橋 乙川優三郎 講談社文庫

「喜知次」に続いて読んだ乙川作品である。
第七回時代小説大賞(1997)受賞作品。

江坂惣兵衛が同僚の林房之助に妻にしようと思う女将をかばって斬られる部分がプロローグとして最初からこの小説に読者を引きずりこむ。
が、小説の真の始まりは、その16年後、紅屋惣兵衛となった次男与惣次が、日本橋の小間物問屋の主人勝田屋善蔵に料亭に呼び出されるところから展開する。
与惣次は足の不自由な兄に代わり、父の仇を討つべく放浪の旅に出てから10年後に本懐をとげ帰郷すると、兄は公金横領の罪で切腹、お家は廃絶。与惣次は藩外追放となる。
江戸に戻った与惣次は、紅屋清右衛門の娘おいとを暴漢から救ったことが縁で、紅屋の養子になる。紅屋清右衛門の死後、紅屋の主人として商いに専念する。いわるる武士から商人へ転身した紅屋惣兵衛が主人公である。
江戸の商人世界が、紅の製造流通の仕組みが克明に描かれ、勝田屋の策謀に立ち向かっていく有様が語られる。一方、武士の意識を捨てきって商人になりきれるのか、もう一つのテーマがあって、緊張感を切らさない夫婦小説の部分をたくみに展開させている。
引用したくなるような、人生哲学が随所に感じ取れる素晴らしい作品であった。
読み終えて、プロローグというべき部分に父と沙綾、林房之助との絡みで登場する奥津ふみの存在が、この作品を最後まで緊張して楽しめる重要な役目を果たしているのではないかとの余韻を感じるのである。
[PR]
by binjichan | 2007-08-29 15:42 | 読んだ本の寸評
<< 十時半睡事件帖 おんな舟 白石... 闇の歯車 藤沢周平著 講談社文庫 >>