人形佐七捕物帳 横溝正史

神田を舞台とする捕物帳は、このほかに「銭形平次捕物控」野村胡堂、「半七捕物帳」岡本綺堂があり、平次は明神下、半七は三河町、佐七はお玉が池の捕物名人である。

読み始めた本は、春陽堂文庫昭和45年6月30日第13刷の「雪女郎」である。雪女郎は15話の読み物の1話を題名にしている。
会話が軽快で読みやすく、しかも電車の中で読むのにちょうどよい長さで1話が完結する。
[PR]
by binjichan | 2007-06-27 13:05 | 今読んでいる本
<< 役人気質の今昔 かくれさと苦界行 >>