幕末風塵録 綱淵謙錠 文春文庫

動乱の幕末を将軍から遊女までその真相を探る随想集。全40話。
「諸君!」に昭和60年の1月号から12月号に連載された「幕末風塵録」の題による12話の随想に加えて、「普門」に「幕末に生きる」という題で昭和54年から昭和61年にかけて掲載された随筆をまとめたものである。

第1話 黒船ショック
アメリカ艦隊の後を追う伝馬船に乗っていた政七少年の記述部分が面白い。
米艦の水兵がくれた食糧が「パンに臭い鬢付け油のようなものがついていて鼻持ちならぬ」「ギヤマンの茶碗に赤黒い水を持ってきたので、人間の生き血に違いない」「異人は日本人にこんなものをくれて殺すつもりだろうと思っていた。」
私にも第二次大戦後、進駐軍とこれに近い体験があるので、当時の驚きが分かるような気がする。

第2話 榎本武揚と樺太
作者は樺太生まれ。日持上人の銅像の記憶から、上人が樺太経由で大陸に法華経の布教に渡り、日本人として始めて外国に妙法を説いたということから随筆ははじまり、榎本武揚の父が、伊能忠敬の弟子であったことから間宮林蔵の樺太話も彼は聞いているはずだ。ということからその子武揚は、その影響を受け、幕府艦隊の旗艦の艦長で幕末を向かえ北方に向かったのは、彼には蝦夷地の土地勘と北方に託した夢があったからではないかと、思いをつづらせている。

第三話 吉田松陰とテレパシー
作者が内地引き上げて薄い知人のところを尋ね世話になったときの体験と松蔭が処刑された夜、松蔭の両親が体験した夢とを重ねて、テレパシーの不思議さを語っている。

第4話 海を渡ったサムライたち
「77人の侍アメリカへ行く」--万延元年遣米使節の記録」レイモンド服部著になる祖父母の話による話

第五話 水垢離をとる勝小吉
現代の子供の教育における父親の役割に触れながら、勝海舟の父・小吉の子に対する愛情を
説く。

以下、40話、黒船来航から江戸城開城までの15年間の逸話を作者らしい観点でとらえた随筆集であるが、くどくなるので題名だけ羅列しておく。

大奥は砂糖天国
舟を漕ぐ遊女
護時院ヶ原の敵討
家茂びいき
将軍の気くばり
天誅のゆくえ
生麦の鮮血
写真術事始
ナポレオンと留学生
オランダ離れ
仏人 白山伯
攘夷派と国際派
パリのおまわりさん
慶喜裏切る
真犯人を追う 
文芸春秋界隈
時は流れる
戊辰の江戸
トコトンヤレ節由来
黒い爪痕
馬を駆る女
目撃者は語る
妖怪の実像
勇者の末裔
下北の会津藩士
死出の旅
刀痕記
門外不出の裏話
慶喜揺れる
海舟疑われる
死の正夢
二十年後の再会
獄中の地雷火
慶喜へのこだわり
百年の怨念を超えて
[PR]
by binjichan | 2007-05-24 14:21 | 今読んでいる本
<< かくれさと苦界行 「天平の甍」 井上靖 新潮文庫 >>